転職を考えているのだけれど、どうやって自分にぴったりの会社を探したらよいのか分からない方のためのお仕事情報誌などの転職媒体についてご紹介しております。転職して失敗したと思わないためにも企業探しはしっかりと行いましょう。

ネイルがOKの事務職に転職したい場合のポイント

転職先として事務職を希望する女性は多いことでしょう。事務職は営業やサービス職と違い、会社の外部の人と関わることが少ないため、服装や髪型などが比較的自由なことも多いです。また、会社の制服の着用が義務付けられている会社も多いですが、最近はかなり少なくなってきています。制服の着用が義務付けられている職種としては老舗企業の一般職や受付が多いので、事務職の中でもこういった職種を避ければ、服装の自由度が広がることでしょう。身だしなみの中でもネイルは、過度でなければ営業職などでもある程度の自由が認められていることも多いです。事務職でネイル自由の企業に転職したい場合のポイントとして、まずは転職先の応募欄をチェックしてみましょう。場合によっては、「髪型・ネイル自由」といった記載がある場合もあります。またそこまでの記載がなくても、従業員の写真などが掲載されている場合はある程度の雰囲気がつかめるでしょう。面接の際はネイルは落としておくのが無難ですが、そこで従業員の方の服装や髪型、ネイルをさりげなくチェックすることも可能です。ネイルがOKの企業の特徴としては、設立が若めのIT系やベンチャー企業、美容系の企業などが挙げられます。若い女性が多く華やかな職場では、思い思いの恰好をしていることも多いからです。ただし、パソコンを頻繁に使う職業や細かい手作業が必要な職種の場合、ネイルアート自体はOKでも伸ばすのはだめ、という場合もあります。そこは注意しましょう。最近ではお洒落に寛容な職場も増えてきていますが、大事なのは会社は仕事をする場所だということです。転職してからも仕事を覚えるまではすぐに派手なネイルをするのは避け、先輩や同僚の様子を伺いながら、徐々にお洒落を楽しめるようになると良いですね。