転職を考えているのだけれど、どうやって自分にぴったりの会社を探したらよいのか分からない方のためのお仕事情報誌などの転職媒体についてご紹介しております。転職して失敗したと思わないためにも企業探しはしっかりと行いましょう。

ビューティ系からホワイト企業への転職

ビューティ業界は、多くの企業が労働時間が長く、残業代も支給されないブラック体質が慢性化しています。その業務の特性上仕方の無い事ではありますが、通常の勤務が終了した後も技術向上のために店舗に残り練習を行ったり、後輩育成のために指導を行ったりする必要があります。その傾向は、上に行けば行く程ひどくなっていく状況です。このような事から、ビューティ業界から離脱し、ホワイト企業を求め転職する方も多くいます。ここでは、異業種への転職のメリットデメリット及び同じ業界で職種を替えて転職するメリットとデメリットを紹介していきます。異業種への転職の場合、メリットとしては、選択肢が豊富であるという点です、業界を限定しない分たくさんの選択肢から選択する事が出来ます。デメリットとしては、今までの経験を活かせる企業は少ないという点です。異業種に従事するという事になりますので、今までの専門的な経験は活かせないと考えた方がよいでしょう。この事から、もし異業種を希望する場合、未経験扱いとなってしまうため、選考を通過するのが難しい可能性もあります。続いて、ビューティ業界の中で職種を変更する場合のメリットですが、これは今までの経験を活かせる点にあります。今まで培ってきた経験がある事から、未経験の職種でも、選考時には優遇される事が考えられます。デメリットとしては、同じ業界ですので、ホワイト起業率は低いと考えた方がよいでしょう。ビューティ業界は、体質的にブラックな企業が多いので、職種を変えてもホワイト企業に当たる確率は低く、もし当たったとしても倍率が高く狭き門となる事でしょう。この事から、ビューティ業界からの転職を考えているのなら、転職に有効な資格などを取得してから活動する事をお勧めします。