転職を考えているのだけれど、どうやって自分にぴったりの会社を探したらよいのか分からない方のためのお仕事情報誌などの転職媒体についてご紹介しております。転職して失敗したと思わないためにも企業探しはしっかりと行いましょう。

土木系の職種からイラストレーターに転職する

土木系の職種からイラストレーターに転職するにはどうしたらいいのでしょうか。このような全く違う業界への色を行うには、いくつかのポイントがあります。また、異業種への転職にはメリットと、デメリットがあります。まず、転職を行う際のポイントですが、現職を退職する理由をしっかりと考えましょう。退職理由には、ネガティブな内容は伏せて書きましょう。これは、企業の人事の方は、退職理由からその人の仕事に対する姿勢を見ています。例えば、業務内容に不満があったことを正直に伝えてしまうと、これから一緒に仕事をする中で嫌な仕事があるとすぐにやめてしまうのではないかと疑問を持たれてしまいます。また、体調不良などを理由にした場合、現在は完治していることもしくは治療を続けていて良好である旨を伝えなければいけません。これは、業務をきちんと行えるのかを判断されてしまいますので、言い回しに気を付けましょう。次のポイントとして、志望動機をしっかり考えるということです。なぜ全く違う職種につきたいのかを明確にかつ分かりやすく説明することが重要です。異業種からの転職は、未経験である上に人事の方にとっては、飽きっぽい性格なのではと疑われてしまうことがありますので、志望動機には気をつけましょう。では次に、異業種への転職のデメリットについてです。異業種なので全く経験のない仕事を行うことになります。自分より年下の人が先輩ということも十分にあり得ます。そのようなやりづらい関係の中で、仕事をすることも考えておくと良いでしょう。また、日々覚えることがたくさんありますので、それらの事にやりがいを感じられるかという点もデメリットと言えるでしょう。