転職を考えているのだけれど、どうやって自分にぴったりの会社を探したらよいのか分からない方のためのお仕事情報誌などの転職媒体についてご紹介しております。転職して失敗したと思わないためにも企業探しはしっかりと行いましょう。

転職した新人は定時で帰りにくい

企業に勤めていると、定時時間を過ぎて残業しなければいけない場合が発生します。もちろん残業代は発生するのですが、転職した際に新人として入社した時は、定時で帰宅していいものか非常に悩んでしまいます。転職する前は、会社のルールや雰囲気が分かっているので、言われなくても残業をしていったり、上司からの指示があったりと、業務の流れが理解できているので、問題はありません。ところが、新しい会社で新人となると、どうしたらいいのか悩んでしまいます。上司からお疲れ様!帰っていいよと言われれば、先輩に挨拶をして帰ればいいのですが、指示が明確にないと帰りにくくなってしまいます。定時になったら、帰っていいのは言うまでもありません。ところが、先輩たちが忙しそうに残業を始めると、自分は残業したほうがいいのかな?でも、新人だから出来る業務も少ないからと考えてしまいます。先輩は、忙しい業務をこなしているけど、まだ教わっていなければ、その業務を残業して手伝うことが出来ません。そこで先輩を残して帰るのが、嫌な気分になってしまいます。そんなときには、上司や先輩から定時前に的確な指示があると助かります。半年ぐらいして、業務を一人でこなせるようになったら残業を頼むかもしれないから、そのときはお願いしますと言っておいてもらえると気持ちの準備が出来ます。それまでは、定時で上がってくれていいから、残っている先輩に一声かけて帰ってねと言ってくれれば、非常に帰りやすくなります。ちょっとした気遣いがあることで、働いていく気持ちにゆとりが生まれます。転職して緊張しているわけですから、全体の流れを理解できるような支持をもらえるとありがたいです。